ブログ

本日は,
日本が元気です
の取材で女優の小林綾子さんに事務所に来ていただきました。地域密着で個人の方を対象として頑張っている法律事務所を取り上げるという企画だったようで,運良く我が事務所に白羽の矢が立ったようです。

事務所としてもできる限りのおもてなしをさせていただこうというので,とっておきの午後の紅茶パンジェンシーストレートティーでおもてなしをさせていただきました。

取材は,
・事務所開設までの流れ
→10年を機に独立してから事務所開設まで
・事務所として主として 取り扱っている業務
→一般の方を対象に非常に間口を広く取り扱っていること
・普段心がけていること
→カウンセリング的によく話を聞くことの重要性と,法律家として割り切らなければならない面があること
・事務所として打ち出している特徴
→顧問料プール制度の紹介,外国人の方の相談の間口が広いこと
などなどをお話させていただきました。

ただ,小林綾子さんとお話をさせていただくので多少舞い上がり気味の私が,とりとめもない話を延々としてしまったという感があるものでしたが・・・

顧問料プール制度などいくつかのポイントに関心を持っていただきまして, それなりの事務所の紹介はできたかなと思っています。最後にこちらから用意したサプライズもあったのですが,それは配信まではお楽しみということで。

この取材の模様は今年の10月くらいから紹介されるかと思います紹介が始まりましたら,あらためて御案内をさせていただきます。

小林綾子さんの「日本が元気です」への画像リンク

ブログ

http://www.osinari-law.com/work-contents/contents06/

顧問制度につきましては,業務内容でもご紹介していますが,当事務所では
顧問料プール制度
という制度を設けています。

これは,
顧問料をお支払いいただいたのに,相談や簡易な文書作成等の御依頼が一件もなかった月には,その分の顧問料をプールしておき,事件の依頼があった場合の着手金,実費に充当する
というものです。もちろん,プールした顧問料を充当する着手金は,顧問契約に従い標準費用から30%を減額した額です。但し,充当するのはあくまでも着手金,実費ですので,報酬は対象外で,事件の御依頼をいただいた場合には報酬(標準費用から30%減額した額)はいただきます。もっとも報酬は成果に応じたものですので,成果があって初めてお支払いいただくものです。

顧問契約には関心があるけど,相談がない月にも顧問料だけ払わないといけないのは無駄ではないか
それを考えると,顧問契約はしないで,一回ごとに相談料を
という方もいらっしゃるかと思います。相談がない月にお支払いいただいた顧問料も決して無駄にはなりません。いわば顧問料が将来に向けた積立として活用することができるようになるのです。

関心がおありの方は遠慮なく,御一報ください。

ブログ

事務所として正式に設けているのは,トップページからもリンクが貼られている
http://www.twitter.com/osinari_law
http://www.facebook.com/UMAYAHARA.kiyoshi
です。

Facebookにはファンページも作成していますので,もしよろしければいいね!をお願いします。

ブログ

本日正式公開にこぎ着けました

今後とも更新を続け,充実に努めていきますので,よろしくお願いします。

ブログ

まもなく正式公開します。

公開までもう少しお待ちください。