This Page:ホーム » 業務内容 » 一般民事 » 交通事故 » 交通事故(加害者の方へ)

交通事故(加害者の方へ)

加害者に発生する3つの責任

 

人身事故か物損事故かで違いはありますが,交通事故の加害者には3つの責任が科せられます。

1.民事責任

加害者は被害者に与えた損害を賠償する責任が発生します。物損事故の場合は,壊れた自動車等を修復するための費用を負担すればいいのですが,人身事故の場合はそう簡単に済まされません。

治療費,入通院慰謝料,休業損害などの賠償,後遺障害がある場合は逸失利益や後遺症慰謝料の賠償が必要となり,死亡の場合は,逸失利益,慰謝料,葬儀費用などの賠償が必要となります。

 

損害賠償の範囲と内容

 

保険金は自賠責保険や任意保険から支払われますが,加害者が任意保険に未加入の場合や,被害者の損害額が契約をした任意保険の保険金額を上回る場合は,加害者自らが支払うことになります。

2.刑事責任

運転中の不注意により他人を負傷させてしまった場合には,刑法上の自動車運転過失致傷罪に問われます。

しかし,事故を起こした原因が無免許運転や酒酔い運転,ひき逃げなどの場合は道路交通法違反による刑罰が加わります。また,人身事故で特に悪質な飲酒運転などは危険運転致死傷罪に問われ,より重い刑罰を科せられます。

3.行政責任

加害者が公安委員会から免許停止や免許取消しなどの行政処分を受けることを意味します。
 

交通事故を起こした場合に加害者が行う措置

 

自動車を運転中に交通事故を起こし,その事故で相手に対して被害を負わせ,入院や通院等の治療を必要とした場合の人身事故や,人的な被害がない場合の交通事故,自損事故でするべき義務は次の通りです。

1.負傷者の救護義務

まず,自動車を停めてエンジンを停止させます。自分に負傷がなく動作に支障がないときは被害者を助けましょう。被害者の傷が軽い場合は,安全な所へ移動してもらいます。重傷のときはできる限り体や頭を動かさないようにして救急車の手配をします。

2.被害者の確認

被害者の負傷の状況にもよりますが,可能なら被害者の氏名や住所を確認します。

3.危険防止措置義務

二次被害が起こるのを避けるため,事故が起こるのを未然に防ぐめの措置をとります。
事故を起こした車については,事故の状況を確認する上で必要になってきますから,特に危険性がなければ警察が来るまで移動させない方がいいです。

4.事故報告義務

交通事故を起こした加害者は,人身事故や物損事故について,最寄の警察へ連絡し警察官等に対して直ちに報告する義務を負います。警察官が来たら事故の事情聴取を受け,その際に事故現場の住所を教えてもらうことが必要です。また,人身事故において被害者が救急車で搬送された場合は,搬送された病院を教えてもらいましょう。

5.保険会社に事故の連絡

自動車保険契約を交わしている保険会社の事故受付窓口か,損害保険代理店に事故の連絡を入れます。正当な理由がなく報告しなかった場合は保険金の支払いを拒否されることもあります。

6.目撃者の確認

目撃者がいるようであれば証人となってもらえるように,氏名や連絡先を教えてもらい,目撃者が証言してくれるのであれば警察へ証言をしてもらいましょう。

7.被害者の病院へ行く

事故現場でするべきことを終えたら,被害者が搬送された病院へ向かいましょう。被害者をお見舞いするのは人として当然です。また,状況を見ながらその後の治療費の支払いなどの相談も早期に行いましょう。



twitter
facebook
B-Plus